#
# #
# LANG

時の羅針盤

時の羅針盤

「今月の詩」に込められたいのちを、さらに具体的にわかりやすく説き明かし、私たちが日々の生活の中で「魂の学」を実践してゆく手がかりを示しているのが、「時の羅針盤」です。

海図なき航海の時代だからこそ、「魂の学」によって人間や世界を読み解き、道を切り開いてゆきたい ――。高橋佳子先生は、過去・現在・未来を照らし、私たちの往くべき道を指し示しています。

時の羅針盤

237

菩提心を掲げる

2023年の締めくくりに

2023年も残り1カ月──。皆さんにとって、この1年はどのような年だったでしょうか。「3年間続いたコロナ禍からようやく脱出できた」。多くの ...

時の羅針盤

236

未知の自分を生きる

変化する世界の中で

あらゆるものごとは、変化の過程の中にあります。その事実は、私たちが様々な困難に出会うことが必然であることを意味しています。私たちはかつて、一部の ...

時の羅針盤

235

自分を超える

自己の拡大・成長を求めてきた

科学技術による発展がもたらした物質文明の隆盛。電気、水道、通信、鉄道、道路のインフラ(社会や生活の基盤)をベースに、物質的に大きな発展 ...

時の羅針盤

234

宇宙と響き合う

先入観を横に置いて自分を見つめ直す

猛暑の8月を何とかやり過ごしてようやく9月となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。まだまだ残暑は厳しく、熱中症にはくれぐれもご ...

時の羅針盤

233

中心を貫く

壁が現れるのは行動した証

先月号で、「行動する」ことの大切さを取り上げました。この1カ月の間、改めて「行動する」ことを意識して、新たに実行の一歩を踏み出されたという ...

時の羅針盤

232

行動する

光と影の季節

生命の輝きが1年の中でもっとも力強くなる季節・夏──。これから、気温も上がり、日射しも日増しに強くなってゆきます。激しい光と影のコントラストの中で、私 ...

時の羅針盤

231

内圧を高める

外力に翻弄される人生

私たちの人生は、どれ1つ例外なく、外側の力に脅(おびや)かされているものです。どんな人も、その人生の途上では、予期せぬ問題に遭遇し、突然の試練 ...

時の羅針盤

230

魂を動かす

流れの中に生きている人間

私たちは誰もが、大きな流れの中に生きている存在です。どんな社会にも時流というものがあります。時代時代の流行や傾向、そのときの社会が求めてい ...

時の羅針盤

229

生かされて生きる

どうにもならないことがある

数年にわたったコロナ禍の中で、私たちが一様に感じていたことがあるように思います。それは、ときに、どう頑張ってみても、人間の力を超える事態 ...

時の羅針盤

228

新たなサイクルを準備する

サイクルをどう締めくくるか

3月は、年度の終わりの月──。1年というサイクルの中に用意された、もう1つのサイクルが締めくくられるときです。わが国では、多くのものごと ...