#
# #
# LANG

時の羅針盤

時の羅針盤

「今月の詩」に込められたいのちを、さらに具体的にわかりやすく説き明かし、私たちが日々の生活の中で「魂の学」を実践してゆく手がかりを示しているのが、「時の羅針盤」です。

海図なき航海の時代だからこそ、「魂の学」によって人間や世界を読み解き、道を切り開いてゆきたい ――。高橋佳子先生は、過去・現在・未来を照らし、私たちの往くべき道を指し示しています。

時の羅針盤

218

人生を冒険する

人生とは冒険

新しい年度や学年が始まって1カ月が経ち、新しい生活にもそろそろ慣れてきたという方も多いのではないでしょうか。その一方で、新たな環境の中で、これまでには ...

時の羅針盤

217

自分を変える

変動と試練の時代を生きる

オミクロン株によるコロナ禍に日本中が巻き込まれるさなか、ロシアによる一方的なウクライナ侵略が現実のものとなったとき、人々は少なからず驚 ...

時の羅針盤

216

ニヒリズムを超える

新型コロナウイルス感染症がもたらしたニヒリズムという問題

2年間のコロナ禍は、私たちに様々な試練をもたらしました。その中でも、私たちが忘れてはならないのは、いつの ...

時の羅針盤

215

本体を見る

新刊『2つの扉』に込めたテーマ

今年も、新たな著作『2つの扉──「まさかの時代」を生きる究極の選択』を発刊することができました。皆様は、もうすでに手に取ってくださっ ...

時の羅針盤

214

王道を生きる

決めつけない生き方

新年おめでとうございます。新型コロナウイルス感染症のパンデミックに翻弄(ほんろう)された 2 年が過ぎ、今、私たちは新たな年を迎えています。 ...

時の羅針盤

213

今に感謝する

2021年の締めくくり

コロナパンデミックによって、世界が様々な混乱に巻き込まれてから、早2年の時が過ぎようとしています。今年2021年も師走(しわす)に入り、1年 ...

時の羅針盤

212

どちらを選ぶのか

それなしに生きることはできない

知らないときには、それがなくても何の不都合もなかったのに、1度知ってしまったら、もう、それなしに生きることはできない──。多くの人に ...

時の羅針盤

211

ベストの実践にする

ゴールデンパスを求める時代

1年遅れの東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会も終わり、私たちは秋の講演会のシーズンを迎えようとしています。すでに、完成した ...

時の羅針盤

210

感じたことから出発する

外にある生き方に合わせる始まり

今月は、私たちの人生を生きるうえで、その根底に置くべき基本的な姿勢について、考えてゆきたいと思います。人生は、生まれ落ちた場所にある ...

時の羅針盤

209

あきらめない

あきらめない生き方

この世界は忍土(にんど)(*1)。思うにままならない事態が降りかかるのは当たり前。順調に進んでいたかと思えば、突然アクシデントに見舞われたり、障 ...