#
# #

トピックス

『ゴールデンパス──絶体絶命の中に開かれる奇跡の道』に寄せられた読者の声(10)

今年1月発刊の『ゴールデンパス――絶体絶命の中に開かれる奇跡の道』(高橋佳子著)は8万部を突破し、今もなお、多くの読者カードが全国から届いています。
その1枚1枚を拝見すると、コロナ禍の中、多くの人々が、本書が示す「ゴールデンパス」――絶体絶命の中に開かれる奇跡の道――を切実に求め、その道を歩むことを願われていることを感じずにはいられません。今週も、そのお声の一部をご紹介します。

●言葉では言い表すことのできない何かを教えてくれる本
絶体絶命と感じることが続く私の人生に、勇気や希望、そして、言葉では言い表すことのできない何かを教えてくれる本です。完璧な人間などいないと感じ、少し肩の荷が下りました。(岩手県・40代女性)

●自分の気持ち次第でゴールデンパスの道すじが見えてくる
今まで、何か出来事が起こると、悪いようにしか考えられなかったのですが、この本には、自分の気持ち次第でゴールデンパスが見えてくると書いてあり、もっと前向きに生きてゆこうと思いました。ときどき読み返しています。この本の出会いに感謝です。(富山県・50代女性)

●「内外合一の法則」にとても心惹かれた
難解なところもありましたが、本に出てくる方々が真摯に問題に向かう姿に、とても勇気をもらい、そして、結果として良い結果に持ってゆかれることに、闘病中のわが身にとっても、大きな希望を頂きました。1番心に残ったのは、「内外合一の法則」です。とても心惹かれる言葉でした。心と現実は密接で強固につながっている。相互に多大な影響を与えている。私の心の中で思うことが、実際に作用していると思うと、「いい加減な自分のこの心の状態でよいのだろうか。よいはずがない」と強烈に感じた次第です。(福岡県・50代男性)

●コロナ禍のどん底から立ち直るためのヒントを得た
新型コロナウイルスの感染拡大で、わが社も売上が減少し、経営が大変です。この本に出会い、どん底から立ち直るためのヒントが得られた気がします。まず、現実を理解し、打開策を実行してゆきたいと考えています。まずは行動ですね。ありがとうございました。(北海道・60代男性)

●素晴らしい本。とても感動し、自信が湧いてきた
素晴らしい本です。とても感動し、自信が湧いてきました。持てる以上の力に恵まれて、「これしかなかった」と思えるような最善の道を開くことを教えてもらいました。本書に出会えて最高です。(新潟県・70代女性)

(文責:三宝出版)