#
# #

魂主義という生き方──5つの自分革命が仕事と人生を変える

魂とは何か? 魂を基にして生きる5人のリアルな物語とともに、魂の肌触り、魂のリアリティを感じることができる1冊です。何が起こっても揺るがない、すべてを「条件」として生きる新しい生き方を提唱しています。

【本書を推薦します!】
人生、行き詰まる。「どうするか」。科学頼みには限界がある。
「どうあらんとするのか」を己の魂に問え! そう説く本書は、脱近代の「生き方の哲学」が処方した究極の妙薬だ。
歌川令三(多摩大学大学院客員教授、元毎日新聞取締役編集局長)

本書を読んで、魂のことがよくわかりました。
今までどこからも与えられなかった魂についての解答が明かされ、もう人生に難題はなくなるでしょう。
鍵山秀三郎(イエローハット創業者、「日本を美しくする会」相談役)

【目次】

プロローグ

「魂」はよくわからない?/本当に存在していた架空の街/「どうするか」という問い/「どうあらんとするか」という問い/忘れ去られた問い/魂の座で開示されるもの/5人の先駆者/5つの自分革命で到達する「魂主義という生き方」

第1の自分革命
人生に見えない次元をプラスする──内外エネルギー交流の発見

「ささいなこと」だろうか/「心の力なんて」という無力感/期待をしたら期待通りになる──ピグマリオン効果/応援は選手に力を与える/1つの実験──つぶやきがもたらす効果/心の想念を集める方法の開発/自分自身で確かめてみよう/追試──人間関係も変わります/心のエネルギーは物理的エネルギーに変換される/未来をつくる心の力/内外エネルギー交流が世界をつくる/「この現実は心の力じゃ変えられない」/かつての現実の残骸──「血祭り会議」/2つのつぶやきがつくっていた現実/人に使われてはならない──不憫な母親/人間は信じられない──家族を見捨てた父親/何かできないと幸せにはなれない/「心」と「現実」の関係は学んでいた/決定的な発見/心は定まった/大資本が動いた!/2つの手紙──その転換が起こした奇跡/あなたは唯物主義、刹那主義、利己主義の信奉者?/魂主義はそれに抗い、闘い続ける/魂を意識して生きる

第2の自分革命
「マルかバツか」を超える──「カオス」の導入

味気ない生き方にはしたくない/マルかバツかでよいのか/快感原則の呪縛/誰もが快苦に揺れ動いている/3つの「ち」が自分を縛る常識をつくる/本当に世界は2つに分けられるのか/カオスという次元を加えて考えてみる/「今」をカオスと受けとめる/超越の視点を持つ/快苦を超える「試練は呼びかけ」という感覚/意味の地層──すべての出来事には必然がある/それは必然の危機だったのか/3つの「ち」──背負わされた至上命令と分を守るという生き方/転換の礎──人と世界が近くなった/社員の可能性と新たな道が見えてくる──新商品製造のきっかけ/魂深くに潜入してほしい /「本心」によって現在というカオスに関わる/内在された智慧と響働の感覚の発現/第2創業という金字塔/見える世界が変わっていた──意味の地層の真実

第3の自分革命
「青写真」(ヴィジョン)を描いて生きる──内在する魂の力

「青写真」とはそこにあるもの/青写真の感覚を持て──最善の道を引き寄せる/どんなものにも青写真がある/青写真は魂とつながっている/青写真=願い・目的を問う/「どうあらんとするか」という青写真に応える──人間の使命/1人ひとりのヴィジョンが世界をつくる/いかなる時代・社会の青写真を抱くのか/差別の時代から始まった/一族の血──失われる家族の絆/人生の願い──魂に刻まれた青写真/大黒柱を失った家族/「魂の学」に基づいた経営──A社での実践/何を大切にしていたか──願い・目的に焦点する/なぜその選択ができたのか──人生を導いた青写真/現実を導き続けた願い・目的

第4の自分革命
「果報側」から「因縁側」へ──人生の主導権を取り戻す

私たちに「主導権」はない?/選択できることこそ「主導権」の証/決定的選択はここにある──因縁側か果報側か/「因縁側」とは原因をつくる側/「人間の使命」を生きるのが「因縁側人類」/「果報側」から「因縁側」へ──「3つの幸せ」の成長段階/「果報側」は結局、他人任せ・運任せ /「因縁側」は厳しくも主導権を持つ/意識は因縁側と果報側を揺れ動く/立場と意識のギャップを点検する/綱引きが教える因縁側の奥深い道──いかに響働するか/被災地での挑戦/馬とは何の関係もなかった──「果報側」としての始まり/夫の死によってクラブの運営に直面──因縁側への促し /「サラブレッドの母になりなさい」/1つにつながる運命の道すじ──始まった「因縁側」の道/魂に刻まれた道/「因縁側」実践ワーク

第5の自分革命
すべてを条件として──魂に軸足を置いて生きる

誰もが切なる「願い」を抱いて生まれてきた/人生の眺めを持つ──宿命から使命への物語/宿命はなぜあるのか/宿命とは使命への発射台である/なぜ、すべては条件と言えるのか──魂にはそれだけの度量がある/「世紀のエラー」の苦しみ/啐啄同時の出会い──「これが自分の人生なんや」/すべては条件だった/死んでも生きても、どちらでもよい/1人ひとりのすべてを条件とした生き方/ 強く、深く、悠々と生きる

【メッセージ 高橋先生より】

「魂主義」とは、「魂」を重んじ、それを生活と人生の中心に置く生き方──。本書のタイトルには、現代社会に対する、少なからぬ挑戦の想いを込めました。

今日、まだ多くの人が、「魂」と聞くと、何か胡散臭さを感じ、火の玉や幽霊のようなおどろおどろしいもののカテゴリーに入れてしまいます。でも、「魂」とは、そういうものではありません。それは、ただ「どうするか」という生き方を繰り返すのではなく、「どうあらんとするか」を問うて、中心から貫く生き方をもたらすもの。そして、人生に訪れる様々な試練や問題を含め、すべてを条件として受けとめ、願いに向かって生きてゆくことができるもの──それが「魂」。

ぜひ、お1人お1人に、「魂主義」という生き方を発見し、「魂」を抱いていることを誇らしく思っていただきたい──。そんな願いを込めて送り出した本です。

定価(本体1,800円+税) 電子書籍版あり

似たアイテムを探す
書籍