• 時の羅針盤・157 − 心の地力をつける

    2017.04.03

    教育改革の未来
     今、わが国の教育は、戦後最大と言ってもよい改革に向かおうとしています。

    続きを読む

  • 時の羅針盤・156 − 一貫させる

    2017.03.04

    まず1つから始める
     神理=「魂の学」に基づく生き方をしたいと願いながら、なかなかそう生きることができない──。

    続きを読む

  • 時の羅針盤・155 − 蓄積する

    2017.02.05

    大いなる挑戦への誘い
     新たな年が始まり、1カ月を経たところで、日々の歩みも落ち着きを取り戻していることと思います。

    続きを読む

  • 時の羅針盤・154 − 理想を掲げる

    2016.12.28

    カオスの時代を生きる
     明けましておめでとうございます。
     皆様にとって、今年2017年がよりよき1年となりますことを心よりお祈り申し上げます。

    続きを読む

  • 時の羅針盤・153 − 回帰する

    2016.11.30

    回帰するとき
     十二月は、師走──。
     「師走」の語源は定かではありませんが、師匠の僧がお経をあげるために東西を馳せる──「師馳す」が「師走」になったという説が有力とされています。

    続きを読む