GLA TOPICS

5月19日(金)~21日(日)、「2017豊心大学セミナー」が、「GLA八ヶ岳いのちの里大講堂」で開催されました!

5月19日(金)~21日(日)、「2017豊心大学セミナー」が、「GLA八ヶ岳いのちの里大講堂」で開催されました!

2017.05.22

全国、海外13カ所を中継でつなぎ、3000名を超える方々が参加



「運命の逆転──魂の新たなるチャレンジを、今、ここから!」

GLAでは、毎年春から夏にかけて、各世代特有の切実なテーマに対する問題解決の智慧を学ぶ年齢層別セミナーを開催しています。
5月19日(金)~21日(日)、「青年塾セミナー」(詳しくはコチラから)に続く層別セミナーの第2弾、「2017豊心大学セミナー」が開催されました(参加対象:65歳以上の会員=豊心大学生)。新緑萌える「GLA八ヶ岳いのちの里大講堂」(八ヶ岳南麓にあるGLAの研修施設)をキーステーションに、全国10カ所、海外3カ所(サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンパウロ)の合計13カ所を中継でつなぎ、3000名を超える方々が参加。中には90歳を超える方々も約50名いらっしゃいます。
4人に1人が65歳以上という世界でも類を見ない超高齢化社会に突入した日本で、一般的な「余生」という考え方を超え、豊心大学生お1人お1人が新たな挑戦に向かって歩み出したセミナーの様子の一端をお伝えします。
プログラムは、高橋佳子先生の映像によるオープニングメッセージから始まりました。
参加者の皆さんは、長き人生の道行きを経て、肉体的な若さと引き換えに、魂の感覚を呼び覚ましつつある世代。すなわち、真の宗教によってもたらされる「3つの賜り物」(①魂の存在を経験する、②内なる光と闇の弁別ができる、③世界の問題を解決する力を育む)を最も充実させ得る「人生の季節」を生きている──。そう伝えられた先生は、「今世、この3つの賜り物を積めるだけ積んで、来世の挑戦に備えてほしい」とおっしゃり、セミナーテーマ「運命の逆転──魂の新たなるチャレジを、今、ここから!」を発表されたのです。

「過去世の繰り返し」を見取り、少しでも改善するために

そのメッセージを受けた参加者の方々は、初日〜2日目午前中にかけて、このセミナーのために高橋先生が用意された教材シートに取り組んでゆきました。
1人ひとりが解決したい悩みや問題、また、成就したい願いや目標に対する現状を洗い出し、今の「想い」を意識化してゆきます。そして、『新・祈りのみち』によって、これまでの人生、ひいては「過去世の繰り返し」を超えるべく、新たな「想い」を引き出すことに取り組んでゆきました。
先生は、メッセージ映像を通して、シートの取り組みポイントから、ミーティングの作法に至るまで、1つ1つ丁寧に深く導いてゆかれます。まるで参加者1人ひとりの隣に寄り添われているかのように──。その中で、心の深奥にあった後悔や願いが引き出され、涙する方も少なくありません。
「長年の人間関係のもつれは自分が原因だった」「もう同じことを繰り返したくない」・・・・・・そのような本心を基に、「過去世のリチャレンジ」「来世からのチャレンジ」を果たすために、少しでも現状を改善・前進させるための「できること」を書き出してゆきました。そして、「12の菩提心」の中から、自らが育むべき菩提心を1つ定め、先生の「できるだけ早く着実に始められ、着実に続くこと」というアドバイスを念頭に、日々の生活の中でどのように行じるかを設定していったのです。
2日目午後に開かれたシンポジウムでは、福祉施設や製造業を営む経営者、重い病から奇跡的に回復した主婦が登壇し、それぞれがどのように実践し、魂の願いを生きる挑戦を果たしているのかが分かち合われました。
また、「魂」と「心」と「身体」のつながりに関する理解を深めるために、医療の専門家による健康講座も開かれました。

 転生のまなざしの中で、人生進化の3段階を歩んでゆく

2日目夜、いよいよ高橋先生の講演です。
先生はヴィジュアルツールによって、魂の永遠の道行きを示されながら、「人生の結びのときを、心に思い描いてほしい」と語りかけられました。そして、人生進化の3段階──第1段階「こうだったから、こうなってしまった人生」、第2段階「こうだったけれど、こうなれた人生」、第3段階「こうだったからこそ、こうなれた人生」を魂の転生のまなざしから説き明かされ、さらに人生を進化させる指針として、豊心大学生4つのテーマ(挑戦、貢献、先導、準備)を手がかりとされるよう促されたのです。
そして、その人生進化の3段階の道行きを、1人の男性の神理実践報告を通して、さらに詳らかにしてゆかれました。家庭において、職場において、いかんともし難いこれまでの繰り返しを超え、まったく違う未来をつくり出していったその歩みに、会場から万雷の拍手が送られました。
3日目の朝は、「第30次豊心大学入学式」が執り行われました。お名前が呼ばれ、凛々しく立ち上がる新入生の方々(全国・海外総勢186名)──。お1人お1人の胸には白い花のコサージュが映え、そのお顔は熱き志で輝いていました。
その後、再び登壇し、講演された高橋先生は、豊心大学生4つのテーマについてさらに詳しく触れられた後、このように参加者に呼びかけられました。
──(たとえ肉体がなくなっても)皆さんは、(魂の内に)誰も奪うことのできない本当の宝を携えて帰ることになるわけです。今世の人生ですべきことはすべてなし終えた。その確信と境地をもって、そのときを迎えることができるんです。・・・・・・私たちは、挑戦するために、成長するために、世界に貢献するために、皆を先導するために生まれて来たわけですから、そのための仕事を果たしてまいりましょう。──
先生はそのまま会場に降り、約2時間かけて、お1人お1人に親しく声をかけ、対話を重ねてゆかれました。そして、参加者の方々は、魂から湧き上がる熱き志を抱いて、力強くそれぞれのフィールドに出発していったのです。


 参加者の声

●大感動の3日間
私はGLAに入会して半年ですが、今回、先生からたくさんご指導を頂いて、これからの人生に、人生進化の第1段階から第2段階に進んでゆく道があることを知りました。豊心大学に入学して、本当に有難いし、うれしかったです。この3日間は大感動で、先輩方を見て「すごいな!」と思いました。この人生が終わっても、次の世界に行くために、ステップを踏んでゆかなければならないことを肝に銘じました。(64歳女性・中京・初参加)

●4つのテーマを携えて、神理実践してゆきたい
先生にお会いしたいという願いが叶ってすごくうれしいです。今回のセミナーでは、「今までの試練や苦労は、快・衰退の煩悩を乗り越えるための条件だった」とわかったことが大きな収穫でした。「感謝の祈り」を祈ったら、魂が爆発して、「今まで神様、先生の支え、周囲の方々の支えがあって、今日がある」ということが腑に落ち、帰ってからさっそく感謝の気持ちを表したいと思いました。今日はもう最高の日です。4つのテーマを携えて、1歩ずつ神理実践してゆきたいと思います。(68歳男性・北陸・初参加)

●これほどわかりやすく魂が進化する取り組みを教えてくれる場は他にない
セミナーに参加し、言葉にならない熱い想いが込み上げてきて「人間は変われる!」という確信を持ちました。GLAには、変わるための手だてが確かにあり、具体的な事例を丁寧にわかりやすく、実体験で辿りながら論理的に解説されている。今までいろいろな学びをしてきましたが、これほど具体的でわかりやすく、実践しやすく、確実に魂が深化する取り組み方を、鮮明に教えてくれる場は他にはありません。(69歳女性・東京・初参加)

●「運命の逆転」がよくわかった!
私自身、これまで「運命の逆転」ってどんなことをすればよいのだろうと思うところがありましたが、先生が講演で「こうだったから、こうなってしまった人生」から「こうだったけれど、こうなれた人生」「こうだったからこそ、こうなれた人生」という3段階を、過去世、今世、来世を重ねてお話しくださり、「そうか、『運命の逆転』ってこれでよかったんだ!」と、強く実感しました。これからの人生、「貢献」と「先導」を主体的に実践してゆく方向性が見えてきました。(78歳男性・東京)

●「魂は若い」という先生のお言葉を胸に
若い頃は不満が多かったのが、「魂の学」を学ぶ中で、「今までの事態は、すべて自分のせいだ」と思えるようになり、今は、怒りが出なくなったんです。また、家では今も炊事をしていて、いつまでできるかに挑戦しています。「肉体は弱っても、魂は若い」と先生が言われていたので、これからも頑張って自分の仕事に挑戦して、向こうへ帰る準備もしておこうと思っています。(92歳女性・東京)

一覧へ戻る