GLA TOPICS

『運命の逆転』に寄せられる読者からの声(16)

『運命の逆転』に寄せられる読者からの声(16)

2017.05.10

「もう20年前にこの本に出会うことができたらと残念で仕方がありません。命ある限り、精いっぱい自らの内から迎え撃つ力を振り絞り、最後まで逆転してゆきたいと願い、生きてゆきます」(北海道・80代男性)


読者カードに綴られた声より
『運命の逆転』
今、『運命の逆転――奇跡は1つの選択から始まった』に、全国から感動の声が綴られたカードがたくさん寄せられています。
本書を手にされた方々が、これまで抱いていた「運命とはこういうもの」という先入観を砕いて、「運命は逆転できる!」と、新たな人生への希望を取り戻してゆかれる――。そのような方が、1人でも多く生まれてゆくことを心から願わずにはいられません。
ここでは、三宝出版に寄せられた読者カードのお声の一部をご紹介します。

●私自身の生き方にも大きな影響を与える感動の書
本書は、実在の人物を題材にして、人生の生き方、運命の逆転が生ずることを生々しく描写しており、その事象と奇跡は、読者の生き方にも反映するものと思いました。まさに「運命」を逆転させる人生の転機がわかりやすく記述されていて、大変読み応えがあり、私自身の生き方にも大きな影響を与える感動の書でした。(東京都・60代男性)

●「こうだったからこそ、こうなれた人生」という考え方はすごい
本書全体に共感する部分がとても多く、すごく引きつけられました。特に、「こうだったからこそ、こうなれた人生」という考え方はすごいです。この生き方を今後も、続けてゆきたいと思います。(岐阜県・60代女性)

●人生の道しるべに出会えたことに感謝
私は、人生進化の3段階の「こうだったから、こうなってしまった人生」の真っ只中にはまってしまっていると思いました。私は、老人施設で清掃員をしています。兄と2人暮らしで、家は農業。2年前に兄が心筋梗塞で倒れ、私は胃がんの手術をし、今、闘病生活をしながら兄を支えています。さまざまな問題を抱えている中で、この本に出会い、自分を見つめ、「自分とは何か?」と探してゆく道があることを知りました。人生の道しるべに出会えたことに本当に感謝しています。1歩1歩、大切に実践してゆきたいと思います。(群馬県・50代女性)

●私も運命の逆転をしてみたい
運命の逆転というのは、未来がパッと開けることなんですね。自分の人生で、もし、こんなことが起きたら、どんなに素晴らしいことだろうなあと思いました。私も運命の逆転をしてみたいです。(大阪・40代男性)

●涙があふれ、心が喜んでいる
一気に読んでしまいました。涙があふれ、心が喜んでいるように感じました。1つ1つの文章が深くしみわたってくるように入ってきました。素晴らしいです。(宮崎県・50代女性)

●命ある限り、精いっぱい逆転してゆきたい
私の人生は、波瀾万丈の生涯で、とてもこのカードには書き尽くすことはできません。そして、もう、命も限りがあり終命も近いのではないかと思っています。もし、もう20年前にこの本に出会うことができたらと残念で仕方がありません。冥土のみやげに持参させていただき、親鸞聖人にも読んでいただきたいような1冊です。私も命ある限り、精いっぱい自らの内から迎え撃つ力を振り絞り、最後まで逆転してゆきたいと願い、生きてゆきます。(北海道・80代男性)
(文責:三宝出版)

一覧へ戻る