GLA TOPICS

11月19日(日)、「2017高橋佳子講演会」が名古屋、函館、埼玉、奈良、和歌山、高知、福岡、沖縄で開催、1万名を超える方々が参加しました!

11月19日(日)、「2017高橋佳子講演会」が名古屋、函館、埼玉、奈良、和歌山、高知、福岡、沖縄で開催、1万名を超える方々が参加しました!

2017.11.20

11月23日(木・祝)は千葉で、26日(日)はオーストラリアにて「映像の集い」が開催



『あなたがそこで生きる理由』を見出していった女性経営者の歩み

今年、国内では最後となる「2017高橋佳子講演会」が、11月19日(日)、名古屋国際会議場センチュリーホールを拠点として、函館、埼玉、奈良、和歌山、高知、福岡、沖縄の全国7会場を中継で結んで開催され、1万名を超える方々が参加しました(講演会実行委員会主催)。
キーステーションとなった名古屋国際会議場では、深く碧い秋の空に、赤や黄色の紅葉が映えています。
会場内のロビーでは、360度ヴァーチャルリアリティ技術を使った「カオスを体験!」コーナーや、「コンピュータによる自己診断コーナー」のほか、「魂の学」の研鑚の場を紹介する展示ブースなどが設置され、そこかしこで歓声や驚きの声が上がり、大変なにぎわいを見せていました。
午後1時、プログラム冒頭に、講演会のテーマ「あなたがそこで生きる理由(わけ)」のイメージ映像が放映されました。「私はなぜここにいるのか」「なぜ生まれ、この人生なのか?」──誰もが人生で1度は抱く問いに迫るプログラムが始まったのです。
高橋先生の講演に先立って、ある女性経営者の映像記録が紹介されました。人一倍の努力によって巨額の負債を数年かけて返済したものの、心に巣食う虚しさ、社員に対する不満と怒りをどうすることもできない日々。そして、相次ぐ社員の退職、経営の危機──。
そんな中で、高橋先生と出会い、「魂の学」の実践によって自分の心を変え続ける中、社員との関わりは改善。事業も安定し、成長してゆきます。「社員、お客様、地域が幸せになって輝いてゆく。それが、私が1番したいこと」──。自らがそこで生きる理由を見出し、願いに向かって歩む姿に、会場からは惜しみない拍手が送られました。

 高橋先生の講演──自らの「命の使い方」を知り、「命」の力を発揮するために

休憩をはさんで、いよいよ高橋先生の講演です。
冒頭、「人間の精神と人生について探求したい」と語られた先生は、科学技術が進歩を遂げた一方で、人類が歴史の中で積み残してきた数々の問題を越えてゆくには、1人ひとりが精神世界の光と闇の真実に目を開き、内なるエネルギーを引き出すことが重要であると説かれました。そして、自分だけに与えられた「命の使い方」を知り、自らが生きる場所で、「命」の力を発揮してゆくことの大切さを示されたのです。
では、そのような歩みによって、人生はどのように変貌するのか──。先生は、1人の女性を壇上に招き、その方の実践の道ゆきを紐解いてゆかれました。つらく苦しい幼少期を経て、「たまたま」選んだ福祉の仕事。やがて「魂の学」に出会い、学ぶ中で、かつてないエネルギーを心の奥から引き出し、自ら福祉施設を立ち上げ、難しい案件を次々と解決している現在。あの苦しみを味わったからこそ、悩み苦しむ人々に寄り添って生きることができる。絆の切れた環境で育ったからこそ、絆の大切さが身に沁みて、人と人を結ぶはたらきに尽くすことができる。それこそが「私がここで生きる理由」であり、私の使命──。過去、現在、未来が1つにつながり、歓びと輝きに満ちた姿は参加者の心を強く揺さぶり、会場から万雷の拍手が送られました。
講演を終えた後、先生は客席フロアに降りられ、約1時間にわたって、参加者との出会いのときを持たれました。初対面の方であっても、瞬時にこれまでの人生の道行きを受けとめ、励まし、未来に向けた助言をしてゆかれる先生──。会場は、「私がここで生きる理由を発見し、生きてゆきたい」という憧れと、深い感動に包まれていました。

10月15日(日)、岡山から始まった「2017高橋佳子講演会」は、この秋、全国各地及び海外(映像の集い)31カ所で開催され、約4万人が参加されました(23日千葉、26日オーストラリアで「映像の集い」が開催予定)。どの会場でも、高橋先生の講演を聴かれた多くの方々が口々に「このことが知りたかった」「私も自分の使命を見つけて生きてゆきたい」・・・・・・と語られ、「あなたがそこで生きる理由」は、まさに今の時代と社会がその解答を切実に求めているテーマであることを改めて感じずにはいられません。
また、高橋先生は、この10月に新たな著作『あなたがそこで生きる理由──人生の使命の見つけ方』も発刊され、現在、全国の書店で発売中です。
また、来年1月に開催される「2018新年の集い」では、再び高橋先生の講演が予定されています。皆様のご参加を心よりお待ちしています(1月21日[日]近畿・北海道・東北、北陸・中京・九州、1月28日[日]東京・中国四国。詳しくは後日、本サイトにアップいたします)。


 参加者の声

●「必ず使命がある」と伝えてゆきたい
高橋先生の講演の実践報告で、自分の使命を見つけて実践していったプロセスは、実に現実的で、胸に迫るものがありました。私は開業医として日々診療していますが、「どうして私がこんな病気になったんだろう」といった嘆きの声をよく聞きます。その方々に対して、私なりのアプローチの仕方があるのではないかと希望の光が見えてきました。私は、障がいがあっても、寝たきりでも、この世に生を受けた人には、必ず使命があると思っています。誰もがそう実感できるような世の中にしてゆきたいし、私も「魂の学」を学び、そういう見方を周りの方に伝えてゆきたいと思いました。(40代女性・初参加)

● 皆が真剣に「魂の学」を学ぶことに納得した
初めて高橋先生の講演を伺って、内容にも感動したのですが、先生の声が本当に素晴らしくて、最初から最後まで、一言一言がすべて心に入ってきました。こんなことは、人生で初めてです。自分に置き換えて聴いていると、私に「頑張れ!」とエールを送っていただいているようで、とても元気を頂きました。ここには、社会的に活躍している方も多く参加していて、そういう方たちが一生懸命、「魂の学」を学んでいることにも大変衝撃を受けました。なぜ皆さんが真剣に学んでいるのか、先生のお話をお聴きする中で、とても納得しました。私自身も、もっと学びを深めてゆきたいです。(40代男性・初参加)

● 一歩ずつ自分の使命に向かって頑張りたい
私は、社会保険労務士として企業の労務改善に取り組むかたわら、ライフワークで女性の自立支援活動をしています。バッシングを受けたり、何のためにやっているのかわからなくなったりするときもありましたが、でも、今日、先生から「あなたは、女性の中にある力を引き出したい人なのね」とおっしゃっていただいて、まさにそれを願ってやってきたので、「ああ、やってきてよかったんだ!」と心の底から感動し、これからも頑張ろうと思いました。私も「魂の学」を学び、一歩ずつ自分の使命に向かって頑張りたいと思います。(40代女性・初参加)

● 仕事上の問題を「魂の学」で超えてゆきたい
先生の講演の前に、あるスタッフの方に話を聞いたのですが、その方が昔の自分を脱皮して、ずいぶん人間らしくなっていることに、「こんなに変われるんだ! すごい会だ」と感じました。実は、解決したい仕事上の問題がなかなか進まず、同じところをぐるぐるまわっていたため、今日の先生の無限回廊の話は、まさに私のことだとびっくりしました。この状況を「魂の学」で何としても超えてゆきたいです。(60代男性・初参加)

● 3つの実践の話がとても心に残った
今日、初めて高橋先生の講演を聴いて、実践報告の中にあった3つの実践のお話がとても心に残りました。しっかり物事を聞いて、しっかり判断をして、相手の立場に立って物事を進めるという、自分の仕事に対する大きな示唆を頂きました。ここへ来る前に、先生の著書『あなたがそこで生きる理由』を読ませていただきましたが、実に理路整然とわかりやすく書かれていて、しっかりと「魂の学」を勉強して、周りの人に伝えてゆきたいと思いました。(60代男性・初参加)

一覧へ戻る