GLA TOPICS

「人生祈念館」の照明デザインが、北米照明学会照明賞「Award(アウォード) of(オブ) Merit(メリット)」(部門佳作)を受賞!

「人生祈念館」の照明デザインが、北米照明学会照明賞「Award(アウォード) of(オブ) Merit(メリット)」(部門佳作)を受賞!

2013.12.14

北米照明学会照明賞は、照明設計を対象とした国際的な照明デザイン賞で、その専門性、創意工夫、オリジナリティーを評価の対象としています。


賞状 円環(えんかん)的人生観に基づいて設計された、GLA八ヶ岳いのちの里(総合本部の研修施設)の「人生祈念館」──。その照明デザインがこのほど、北米照明学会(IES、本拠地:ニューヨーク)主催の国際照明コンテスト「2013 IES Illumination Awards(イルミネーション アウォーズ)」(北米照明学会照明賞)で「Award of Merit」(部門佳作)に選ばれました。

北米照明学会照明賞は、照明設計を対象とした国際的な照明デザイン賞で、その専門性、創意工夫、オリジナリティーを評価の対象としています。「Award of Merit」(部門佳作)は、有効な貢献をした照明デザインに授与されます。
このコンテストには、全世界の照明デザイナー、建築家、インテリアデザイナー・・・・・・等々から毎年かなりの件数の応募があり、「北米照明学会照明賞」を受賞することは大変名誉なことです。
「人生祈念館」の照明計画は、随所に「円環的人生観」の理念に基づいた、らせん状のデザインの中に現されています。
「円環的人生観」とは、春夏秋冬の四季がどの季節も取り替えることができないものであるように、人生を構成する季節は、少年期、青年期、壮年期、実年期、老年期のいずれもが比べることのできない尊い光を放っており、「誕生の門」を潜(くぐ)って現象界(この世)に生まれ、人生の季節を謳歌し、「死の門」を潜って実在界(あの世)に戻り、時満ちて再びこの世に生まれてくるという人生観です。
人生祈念館

一覧へ戻る