#
# #

トピックス

「今月の詩」「時の羅針盤」の高橋先生の新しい原稿がアップされました!

「今月の詩」「時の羅針盤」の内容が更新されました。「時の羅針盤」のタイトルは、「打ち続ける」――。その中で高橋先生は、こう記されています。

「私たち人間は、今を生きる存在です。

毎瞬間、新たに生まれる世界の現実に応えながら、自らの願いを求め、魂の使命を果たそうと人生を歩んでいます。人生の核心は、いつでも、まさにその新たに生まれる瞬間をどう生きるかにあるのです。

そして、この今という瞬間に、私たちは、長い時をかけて臨んでいます。私たち人間が生きるということは、外界と内界のエネルギー交流を果たすということです。今を生きるには、私たちの内側にある心と魂がはたらくことが不可欠です」

「心の傾きや魂の歪みは、長い時をかけてつくられてきたものです。それを修正し、そこから解き放たれるには、同様に長い時間が必要となるのです。新しい心の使い方を1日、また1日試し、馴染ませてゆき、意識することもない自然な流れにしてゆく──。それは、心と魂への神理による連打と言えるものです」

ぜひ、全文をご一読ください!