GLA TOPICS

2月24日(日)、「2019新春の集い」が全国各地で開催! 高橋佳子先生は名古屋で講話をされました!

2月24日(日)、「2019新春の集い」が全国各地で開催! 高橋佳子先生は名古屋で講話をされました!

2019.02.25

全国・海外26カ所で約5200名が参加



「最高の人生」を生きるための秘訣とは
今、全国及び海外で「2019新春の集い・陽春の集い」が続々と開催され、各地で大きな反響を頂いています。
2月24日(日)、全国25カ所、海外1カ所で開催される中、高橋先生は名古屋に赴かれました。
会場となった名古屋国際会議場は、白鳥をモチーフに設計された白亜の大規模施設です。ホール内は、「魂の学」の人間観・世界観を体験できる様々なコーナーが設置され、開場と同時に、立錐の余地もないほど多くの人々で賑わいました。
プログラムは、今年の「新年の集い」における映像ドキュメンタリー(1人の科学者が自らを変えることによって地域や行政を動かし、他に類例のない未来型ゴミ処理施設を生み出した物語)、そして先生の講演が放映されました(「新年の集い」について詳しくはコチラから)。
講演の中で、先生は、すべての人に用意されているオーダーメイドの人生──「最高の人生」を生きるための実践のステップを示され、1人の経営者の歩みを紐解いてゆかれました。実践の前と後では、同じ人間とは思えないほどの変貌に、「人間、ここまで変わることができるのか!」という驚きと、「私も『最高の私』になれるかもしれない」という希望が参加者の胸に満ちていったのです。


 高橋先生の講話──「人生損失」を超え、人生を飛躍させる
その後、先生が登壇され、講話を始められました。会場は水を打ったようになり、集中しています。
先生は、諄々(じゅんじゅん)と心と人生の関係を説いてゆかれました。
──私たちは、身体の不調には敏感でも、心の不調には無頓着になりがちであること。そのような身体と心に対する関心度の違いに触れられ、心の不調がどれほど人生に損失をもたらしているのか。── さらに、先生は、「新年の集い」で実践報告をされた経営者の男性を檀上に招き、心が現実と人生に与えるインパクトを具体的に示されたのです。
「かつてのままの心だったら、とても今のような現実は生み出せませんでした・・・・・・
改めて自らの人生を振り返って語った経営者の実感に満ちた一言が、すべてを物語っていました。
その後、この1年を生きる指針となる「12の菩提心」のいずれかが記された「神理カード」の授受が行われ、先生も参加者お1人お1人と親しく対話されながら、カードを手渡してゆかれました。
この日、多くの方々が、初めてGLAの集いに参加し、初めて高橋先生とお会いになりました。「人間は魂の存在であると確信した」「今までの自分を本当に変えて、新しい自分になってゆきたい」「この世界で自らが果たすべきことを果たしてゆきたい」──初参加の方々が異口同音に語っていたこれらの言葉は、たとえ小さな1歩であっても、確実に未来を変え、新たな時代を開く礎となるに違いありません。

 3月も「2019陽春の集い」が全国各地で開催!
3月、「2019陽春の集い」が全国各地で開催されます。
どなたでもご参加いただけますので、ご家族、ご友人、お知り合いの方をお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。皆様のお越しを心よりお待ちしています。
詳しくはコチラから


 参加者の声
● 3つの「ち」のお話がとても心に残った
3つの「ち」のお話が、とても心に残りました。自分の3つの「ち」を知ることで、今後、同じような苦しみを持った方を支援できると思いました。今日は、智慧の「泉の心」の「神理カード」を頂いたんです。知識は増やせるけれど、智慧を増やさないと行動できるようにならないと思うので、いいカードを頂きました。「魂の学」を学んで、この智慧を蓄え、自分をもっと知りたいと思います。(10代男性・初参加)

●「ここだったら変われるかもしれない!」と強く実感
今日、初めて参加しましたが、活気のある場で、自己診断チャートもぴったりでした。経営者のお話は、まるで自分を見ているようで、私も「従業員がいることが当たり前、働いてくれて当たり前」という想いを、なかなか変えることができませんでした。その結果、従業員の出入りが激しく、仕事があっても人がいない状況でした。それを他人のせいにしていましたが、今日、自分が本当に変わらないといけないとやっとわかりました。「ここだったら変われるかもしれない!」と強く実感しています。(40代男性・初参加)

●「魂」という視点からの医療もとても大切
インターネットでこの集いを知り、初めて参加しました。前半プログラムで、研究者の方が専門家の殻を破り、様々な業種と連携して問題を解決する姿に感動しました。私は医者ですが、高橋先生のお話は、私の仕事にも役立つお話で、とてもエネルギーを頂きました。医療の世界は、「科学的に説明できればよし」ですが、「魂」という視点からの医療もとても大切だと思いました。今、高齢者医療や終末期医療など、様々な問題がありますが、ひるむことなく立ち向かってゆきたいです。(40代男性・初参加)

● すがすがしさと温かい気持ちでいっぱい
今、心が浄化されたようなすがすがしさと、温かい気持ちでいっぱいです。「本当に来てよかった!」と感じています。高橋先生のお話は説得力があり、宿命に縛られても、それを変えてゆくのは自分だし、一歩前に出る勇気があれば、誰でも幸せをつかむことができると教えていただきました。これまでは後ろを振り返らず、前だけ向いて走ってきましたが、人生を振り返り、自分を見つめ、2019年をいい年にしたいと思います。(60代女性・初参加)

一覧へ戻る