GLA TOPICS

1月20日(日)、「2019新年の集い」が大阪、岩手、石川で開催されました!

1月20日(日)、「2019新年の集い」が大阪、岩手、石川で開催されました!

2019.01.21

希望に満ちた新たな時代を開くために


「魂の学」が示す人間観・世界観をロビーで体験
1月20日(日)、「2019新年の集い」が大阪国際会議場を発信拠点として、岩手(北上市文化交流センターさくらホール)、石川(野々市市文化会館フォルテ)で開催されました。
「新年の集い」は、毎年、年初にあたって自らの願いを確かにし、新たな1年を意義ある年にしてゆくために、全国各地で開催されています。
大阪は、午前中に降っていた雨も午後には上がり、明るい日の光が会場を照らしています。
ロビーでは、「最高の人生」の扉を開くために必要な「魂の学」の人間観・世界観を体験できる様々なコーナーがあります。それぞれのコーナーにはプレゼンターがいて、その説明に熱心に聞き入る方々が集まり、「次はあのコーナーに行ってみよう」「このプレゼンテーションも聞いてみたい」と、皆さんの熱気があふれていました。

「マキシマ」を取り出すことによって起こる奇跡の現実
前半プログラムでは、高橋佳子先生の新刊『最高の人生のつくり方──グレートカオスの秘密』で紹介されている1人の実践の歩みが映像で分かち合われました。
「マキシマ」(最高の力の源泉)を取り出すことによって、「最高の人生」を生きることが、どれほどの輝きを発するのか──。それは、本人の人生をまったく変えてしまうばかりでなく、今、日本全体が切実に解決を求めている問題すら見事に解決してしまうほどの力を発揮すること──その驚くべき事実を目の当たりにした会場は息を呑むような驚きと感動に包まれました。
続く「ニューイヤーコンサート」では、祝い太鼓の演奏と、オペラ歌手とGLA合唱団(会員のプロ・アマ混成チーム)による合唱が披露されました。魂をゆさぶるような勇壮な太鼓の音、そして会場いっぱいに響く力強い歌声──。新年にふさわしい雰囲気の中で前半プログラムが終了しました。

 真に豊かで幸せな人生をつくるためのまなざしとは──
休憩をはさんで後は、高橋先生の講演です。
先生は、昭和、平成がどのような時代だったのかを振り返るところからお話を始められました。そして、新たな元号が始まる2019年、真に豊かで幸せな人生をつくるために必要なまなざしを示され、そのまなざしを生きることで人生はどのように変わるのか、1人の男性を壇上に招かれ、その実践を紐解いてゆかれたのです。
劇的な変化を遂げたその人生に、誰もが憧れと希望を抱き、会場全体が「私もここから新しい人生を始めてゆきたい」という願いに満たされてゆくようでした。
講演の後、参加者お1人お1人が「最高の人生」に向かうためのよすがとして、「神理カード」(1年を生きる指針となる「12の菩提心」のいずれかが記されたカード)の授受が行われました。先生も再び登壇され、お1人お1人に親しくお声をかけながら、神理カードを渡してゆかれました。
終了後も、ロビーには「神理カード」を手に楽しく語り合う参加者の姿が見受けられ、それぞれの菩提心を心に刻みながら、新たな年の歩みが始まりました。

 来週も、「2019新年の集い」が全国各地で開催されます!
1月27日(日)は、横浜(パシフィコ横浜国立大ホール)を発信拠点として、札幌(わくわくホリデーホール[札幌市民ホール])、名古屋(GLA中京会館)、岡山(岡山シンフォニーホール)、福岡(福岡国際会議場)で「2019新年の集い」が開催されます。
詳しくはコチラから


 参加者の声
● 自分のオンリーワンの人生を見つけてゆきたい
「魂の学」に触れて問題に向かうのと、何も知らずに向かうのとでは、自分の気持ちの持ちようがまったく違うので、「魂の学」を学ぶことはとても大事だなと思いました。「川の心」の「神理カード」を頂いて、自分が何にこだわっているのかを発見して、新しい人生を歩みたいです。この場は皆さんが輝いていて、眩しい場でした。私も、自分のオンリーワンの人生を見つけてゆきたいと思います。(20代女性)

●「最高の人生」は誰もがめざすことができる
「最高の人生」をめざすことによって、日々の現実に向かう気持ちが変わってくると思いました。これまで、「最高の人生」は憧れでしかなかったのですが、それを誰もがめざせるという希望が湧いてきました。実践報告には、すごく勇気を頂きましたし、あのようになれるなら、自分ももっと「魂の学」を学んでゆきたいと思いました。(40代男性)

● あのような人生の捉え方は初めて聞いた
先生のお話はとてもわかりやすく、「私もそのように生きてゆかなあかん」と感じました。また、実践報告をお聞きして、「人はこんなに変われるんだ!」と驚きました。あのような人生の捉え方は初めて聞くお話で、「すごい」と思いました。「神理カード」は「大地の心」を頂きましたので、自分で「これくらいだろう」と思っている可能性を、少しでも広げられるような生き方をしたいと思います。(40代男性・初参加)

● 私も新しい人生を歩みたい!
実践報告をお聞きして、生まれつきの条件を背負いながら、それが変わってゆかれたところが心に残りました。自分に重ね合わせながらお聞きしていたのですが、「私も同じように新しい人生を歩みたい!」と思いました。私は、「人を助けたい」という願いがあるので、「空の心」のカードを頂いてうれしかったです。何ごとにもとらわれず、広い心になれるよう、「魂の学」を勉強してゆきたいです。(60代女性・初参加)

● 最高のひとときだった
「最高のひとときというのは、こういう時やな」と思いました。先生のお話は非常に実践的で、それでいて深みがあって、「私も最高の人生をつくってゆきたい」と感じています。そのためには、「もっと自分がしっかりせないかん」と反省しながら、今日のお話を活かしてゆきたいと強く思いました。しっかり着実に、謙虚な気持ちで日々を過ごしてゆきます。(60代男性・初参加)

一覧へ戻る