GLA TOPICS

12月31日(月)~1月1日(火・祝)、「2019総合・新年祈りの集い」がGLA中京会館と全国7本部を中継でつないで開催されました!

12月31日(月)~1月1日(火・祝)、「2019総合・新年祈りの集い」がGLA中京会館と全国7本部を中継でつないで開催されました!

2019.01.09

「本当に良い人生」とは何か、その答えを出す時代へ


2019総合・新年祈りの集い

発信拠点となった中京会館は、「神理のテーマパーク」に
12月31日(月)夜から1月1日(火・祝)にかけて、GLA中京会館と全国7本部を中継で結び、「2019総合・新年祈りの集い」が開催されました。
発信拠点となった中京会館では、「ゆく年くる年 GLA中京会館 神理のテーマパーク」と題して、各フロアで様々なイベントが行われました。
18時、受付開始と同時に多くの方々で館内が賑わいます。
2階から6階までの25メートルに及ぶ吹き抜けの巨大な壁には、「菩提心インスタレーション(空間芸術)」が映し出されました(「菩提心」とは、「本当の自らを求め、他を愛し、世界の調和に貢献する心」。「月の心」「火の心」「空の心」「山の心」など12の心がある)。
全国の参加者の方々が、自らの氏名と昨年育んだ菩提心を入力すると、それが文字となって中京会館の巨大な壁に映し出され、美しい音楽と映像とともに天に飛翔してゆく――中継会場も含めての参加型イベントに、感動と絆の歓びが広がってゆきました。
また、2階の「G.ギャラリー」では、これまでのGLAの歩みが「永遠の生命の人間観」に支えられてきたこと、そして、これからご著書『最高の人生のつくり方』を携えて新たな2019年を開いてゆく今を迎えていること――そのいのちを、ガイドによる解説に耳を傾けながら、深めてゆきました。
また、「12の菩提心」のアートギャラリー、『最高の人生のつくり方』の読書会、「菩提心発掘書写行」体験コーナーなど、各コーナーにも多くの方が訪れ、「魂の学」の世界観を体感しながら、来たる2019年に想いを馳せていったのです。

高橋佳子先生の講話――「本当に良い人生」を生きるために
23時、2018年のGLAの歩みを映像で振り返るところから集いが始まりました。
その後、高橋佳子先生が中京会館の聖堂に立たれ、新年に向けた祈りを捧げられる中で、2019年が幕を開けたのです。
そして、聖堂からKAGAMI HALL(カガミホール)に移動された先生は、講話を始められました。
平成最後の年でありGLAが創立50周年を迎える2019年――。先生は、平成という時代は、価値観の多様化の中で、人々がそれぞれ「本当に良い人生」を試行錯誤してきたこと、そして次なる時代は「本当に良い人生」とは何か、その答えを出す時代であるとおっしゃり、そのため必要なことを説き明かしてゆかれたのです。
講話が終わると、先生は、新たな1年の実践に向けて、「12の菩提心」の唱和を誘われ、全国の参加者が心を1つにして菩提心の唱和をしてゆきました。
その後の「ニューイヤーコンサート」では、先生のご臨席のもと、祝い太鼓や美しい音楽の調べがプロの演奏家の方々によって奏でられました。
最後に先生は、改めて新年に向かうエールを送られ、参加者お1人お1人に親しく声をかけてゆかれました。
こうして、「本当に良い人生」に向かう新たな年の扉が開かれたのです。

2019総合・新年祈りの集い

参加者の声

●ものごとをカオスとして迎え撃つ始まりの年に
「菩提心」のインスタレーションは、大好きな「風の心」と自分の名前が天に上がってゆくのがうれしかったです。高橋先生から、戦後、昭和の時代は豊かさを求め、平成では人々の中に「本当の幸せは何だろう?」という問いが生まれたことをお聴きして、私は平成生まれなのですが、周りの友だちも同じような疑問を持っているのですごく納得しました。2019年は、ものごとをカオスとして迎え撃つ始まりの年にしてゆきたいです。(26歳女性)

●「最高の人生をつくることができる」という希望を感じた
すべてを先延ばしにして、ギリギリで対応して駄目にすることを繰り返す自分がいることが見えてきました。今年はその自分を乗り越えてゆきたいです。過去と未来を見つめながら今を生きることで「最高の人生をつくることができる」という希望を感じました。(30歳男性)

●すべての菩提心が今の仕事に必要
初めてこの場に参加し、高橋先生とご一緒に新年を迎えることができて、感謝の気持ちでいっぱいです。「私にとっての最高の人生とは何だろう?」と問いかけ続ける1年にしてゆきたいと思いました。そして、「12の菩提心」を唱和したときに、すべての菩提心が今の仕事に必要だと感じたので、それを胸に刻んで2019年に向かってゆきたいと思います。(47歳女性)

●「目標に向かって頑張るぞ!」という気持ち
高橋先生のお話をお聴きしながら、自分を振り返ってみると、2年ほど「魂の学」を学ぶ中で、次に向かう目標を見つけることができました。自分の過去、現在、未来を思いながら、「魂の学」を学ばなければ今頃どうなっていただろうと思い、有難く感じました。今回、先生より頂いた新たな智慧を生かして、「目標に向かって頑張るぞ!」という気持ちです。(56歳男性)

「2019新年の集い」は、1月20日(日)大阪、27日(日)横浜で開催、高橋先生が講演されます!
GLAでは、お1人お1人が自らの願いを確かにし、新たな1年をまことに意義ある年にしてゆくことを願って、毎年、全国各地で「新年の集い」を開催しています。
今年は、1月20日(日)は大阪国際会議場(東北、北陸へ中継)、27日(日)はパシフィコ横浜(北海道、中京、中国四国、九州へ中継)で開催され、高橋先生が講演されます。
GLA会員はもちろん、どなたでもご参加いただけますので、どうぞお誘い合わせの上、ご参加ください。
参加された皆様には、「神理カード」(高橋先生による「菩提心」の言葉が記されたカード)が手渡されます。
新たな年の始まりに、1人でも多くの方に「最高の人生」への1歩を歩み出していただきたいと願っています。
詳しくは→コチラ

一覧へ戻る