GLA TOPICS

3月18日(日)、全国・海外10カ所で「2018陽春の集い」が開催されました!

3月18日(日)、全国・海外10カ所で「2018陽春の集い」が開催されました!

2018.03.19

高橋佳子先生は山梨・常盤ホテルで講話



 うららかな春の気配の中で

3月18日(日)、全国・海外合わせて10カ所で「2018陽春の集い」が開催されました(盛岡、秋田・湯沢、山梨、福井、高山、延岡、奄美、メルボルン、アトランタ、ニューヨーク)。
ここでは、高橋佳子先生が講話に赴かれた「陽春の集い・山梨」の様子をご紹介します。
まだ雪を冠する南アルプス、鮮やかな稜線を描く八ヶ岳などの山々に囲まれた甲府盆地は、この日、うららかな晴天に恵まれました。会場は、昭和天皇をはじめ皇室の方々が宿泊されたり、将棋や囲碁の名人戦も行われたりする常磐ホテル。春爛漫をイメージした桜の花が生けられたロビーは、参加者の方々の熱気で汗ばむほどです。

 2つの映像──人生を劇的に転換する秘訣とは

午後1時、約700名の方々をお迎えして、2つの映像──まず、高橋佳子先生が提唱する「永遠の生命の人間観」に基づく医療を実践し、メディアでも注目されている小児科医のドキュメンタリー、続いて、高橋先生の講演映像が放映されました(いずれも「2018新年の集い」より)。その中で、先生は、私たちが人生をよりよいものに転換してゆく秘訣を明らかにされ、その秘訣を1人の経営者の実践の歩みを通して具体的に示してゆかれました。
会場では、「人間はこうして変わることができるんだ!」との驚き、「できれば私も変わりたい!」という希望が湧き上がっていました。

 高橋先生の講話──「菩提心」を生きることにより、人生は輝く

その後、高橋先生が登壇され、講話をされました。
先生は、参加者の強い想いに応えるように、「人生の劇的な転換のカギは菩提心にあります」とおっしゃいました。「菩提心」とは、誰の心にも息づいている「本当の自らを求め、他を愛し、世界の調和に貢献する心」──。その「菩提心」を「月」「火」「空」「山」などの「12の心」として提示された先生は、先の映像でその実践が紹介された経営者を壇上に招かれ、「菩提心」がどのように人生の劇的な転換を導いたのかを、さらに詳しく紐解いてゆかれました。
さらに先生は、「菩提心」によって絆が再生し、幸せに導かれてゆく、ある家族の物語を語られました。その物語によって、どのように「菩提心」を生きれば人生が輝いてゆくのかが参加者の中で具体的なイメージとして立ち上がり、「私も菩提心を生きてみよう」という憧れが生まれていったのです。
その後、「神理カード」の授受の場となりました。
「神理カード」には、1年を生きる指針となる「12の菩提心」のいずれかが記されています。先生ご自身もその授受の場に立たれ、お1人お1人に「神理カード」を手渡されながら、人生の核心を突く深い対話を重ねてゆかれました。
今年2月4日(日)から全国及び海外80カ所で開催された「新春の集い・陽春の集い」は、3月18日(日)で終了いたしました。この期間、約16,000名が参加され、これまでの人生を変え、新たな未来を開く力を確かにしてゆかれました。
今後、広く一般の皆様がご参加できる集いは、秋に全国各地で開催される「2018高橋佳子講演会」があります。皆様のお越しを心よりお待ちしています(詳細は決まり次第、本サイトでお知らせいたします)。


 参加者の声

●「こういうふうに変われる」と教えていただいた
今日は、「自分が変われば道が開ける」いうことを学べて、とてもよかったです。先生の家族の絆についてのお話を自分に照らし合わせたとき、家族間の問題や、子どもや主人への気持ちを振り返って、「自分から変わればいいのだ」と思いました。頂いたカードは「空の心」でした。「こういうふうに変われるんだよ」と教えていただいたので、このカードの言葉のようにすがすがしく生きてゆきたいと思います。(20代女性・初参加)

● 今、抱えている問題に希望が見えてきた
今日、初めて来たんですが、この場はとても気軽に参加できる雰囲気でよかったです。私は、これまで宗教には興味はありませんでしたが、「考え方によって現実が変わる」ということを、視覚的にも言葉としても、わかりやすく教えていただいて、明るい未来が見えてくるようでした。今、抱えている問題も、もう少し明るく考えて、可能性を探してゆきたいと思いました。(30代女性・初参加)

● 先生のお話はとてもわかりやすく、腑に落ちた
私は、長年、人間に宗教は必要だと思っていて、他の宗教団体にも行ったことがありますが、違和感がありました。でも、GLAはとても穏やかで、先生のお話もとてもわかりやすく、腑に落ちました。先生がおっしゃるように、人間が「心」のことを日常的に話すようになれば、もっと素晴らしい社会ができると思います。今日は希望と元気を頂きました。(60代男性・初参加)

●「そうだとしても、こうすることもできる」──この言葉を実践してゆきたい
今日は、『あなたがそこで生きる理由』の新聞広告のプレゼント企画に当選して参加させていただきました。私は「こうしないと、こうなってしまう」という母の教えで生きてきたので、先生から、「そうだとしても、こうすることもできる」とお聞きして、驚きました。先生のお言葉を、紙に書いて貼っておいて、いつもつぶやき、実践してゆきたいと思います。(60代女性・初参加)

● 身体は大変でも、挑戦したい!
80歳になり、家具や椅子をつくる彫刻家としては、肉体的な限界を感じていましたが、今日は、ものすごいエネルギーを頂きました。今まで、目に見えるものしか表現できなかったんですが、今日は、目に見えないものも表現できるのではないかと思えたんです。まるでステキなプレゼントを頂いた気持ちです。「身体は大変でも、挑戦したい!」という想いでいっぱいになりました。(80代男性・初参加)

一覧へ戻る