GLA TOPICS

6月17日(金)~19日(日)、「2016フロンティアカレッジ・こころの看護学校合同セミナー」が開催されました

6月17日(金)~19日(日)、「2016フロンティアカレッジ・こころの看護学校合同セミナー」が開催されました

2016.06.20

未来は変えられる!──限界突破! 今、人生の第2ステージへ



「GLA八ヶ岳いのちの里大講堂」から全国8会場を結び、約4,000名が参加
6月17日(金)~19日(日)、「2016フロンティアカレッジ・こころの看護学校合同セミナー」が、GLA八ヶ岳いのちの里大講堂(八ヶ岳南麓にあるGLAの研修施設)から全国8会場を中継でつないで開催されました(30~65歳の会員対象)。
5月に開催された「青年塾セミナー」(→詳しくはコチラから)「豊心大学セミナー」(→詳しくはコチラから)に続く、年齢層別のセミナー第3弾です。
本セミナーの参加者の方々は、社会や地域、家庭の中で様々な責任を担い、多くの問題や試練に立ち向かわなければならない世代です。そうした現実の中で、全国・海外から集った約4,000名が、3日間で何を学び、その心に何が訪れたのか──。以下、概要をご紹介します。
セミナーのテーマは、「未来は変えられる!──限界突破! 今、人生の第2ステージへ」。高橋先生はこのテーマに込められた意味と背景を、オープニングメッセージ映像を通して、次のように伝えられました。
今、「未来は変えられない」と思っている人々があまりに増えている。言い換えれば、それは、理想を求めることに疲れ、理想と現実をつなぐことをあきらめてしまった人々であり、日本のみならず世界中で増加している。しかしそれは逆に言えば、それほど思うにままならない現実が世界に満ちあふれているということに他ならない。人類にとって大きな分岐点を迎えている今この時、何としても突破口を開かなければならない──。
そう語られた先生は、「未来は変えられない」という想いの傾向を際立たせざるを得ないのが、壮年・実年の世代であり、それだけに、このセミナーの参加者の方々が、訪れる出来事や事態を光・闇が渾然一体となった「カオス」と見破り、「未来は変えられる」という実感を確かにしてゆくことがどれほど重要なことかを説いてゆかれました。
そして、そのためにオリジナルのカリキュラムと誘い映像、教材シートのすべてを制作され、セミナー3日間を通しての取り組みを促されたのです。
研修が進むにつれ、それぞれが抱える問題や試練の背後にあった想いや願いが浮きぼりになり、ミーティングでは、会場内で発見の歓びの声も上がっていました。
「まさか、こんな想いがあったなんて!」「この想いが限界をつくっていた! ならば、この想いを転換してゆければ、未来は変えられるかもしれない」・・・・・・。こうした気づきと発見の連続が、一人ひとりの中で起こっていったのです。

「カオス」を見ている「心の鏡」の歪みが、人生の限界をつくっている
学びが深まりを迎えた2日目夜──。
大きな拍手の中で登壇された高橋先生は、それまでの研修を土台に、まず、私たちが「カオス」をどう見ているのかについて示されました。
──実は、私たちは「カオス」(出来事や事態)そのものを見ているのではなく、自分の「心の鏡」を通して「カオス」を見ている。だから、今、直面する様々な限界は、「心の鏡」に映る限界であり、その限界感に縛られ、心のエネルギーを失ってしまっている──。
そして、先生は、そうした「心の鏡」の歪みを修正してゆくために、「煩悩地図」と『新・祈りのみち』を紹介されました。
「煩悩地図」は、心の傾向と、心と現実のつながりを知るための智慧であり、ガイドです。「煩悩地図」によって、「心の鏡」の歪みの4つの傾向を知り、『新・祈りのみち』によって、自らの内なる歪みを発見し、より深い見方や本心に戻ることで「心の鏡」を磨いてゆくことができる。そして「心の鏡」の性能を上げてゆけば、人生をつくり上げてきた魂願とカルマ(魂願を生きることを阻む魂の未熟、歪み)に気づき、人生の限界を突破することができると説かれたのです。
さらに、先生は「魂の学」を基に教育現場で実践してきたお一人の方の取り組みを具体的に紹介されました。どのような問題や困難であっても、「魂の学」によって内なる限界を突破し、第2ステージへと至ることができる! その確信と感動が、参加者1人ひとりの心に訪れていました。

「魂の学」の実践へ──自分の限界を突破し、人生の第2ステージの起動
セミナー最終日、再び講演に立たれた先生は、「心の鏡」を磨いてゆくために、GLAに用意されている様々な「魂の学」の研鑽システムの中から、「プロジェクト」を紹介されたのです。
「魂の学」は、単に座して学ぶものではなく、実践を通して家庭や社会を輝かせてゆくものです。
40年前に先生が創案された「プロジェクト」も、GLAの場をボランティアで支えることを通して、「魂の学」を実践的に学ぶ研鑽にほかなりません。そこでは、誰もが社会での肩書きや役割を脇に置いて、1人の人間として「心の鏡」を磨いてゆきます。そして、これまで多くの人々が「プロジェクト」で「心の鏡」を磨き、自分の限界を突破し、新しい自分としてそれぞれの社会の現場で新たな現実を切り開いてきたことを伝えられ、参加者の方々の次なる歩みへと誘われたのです。
講演終了後、先生は、場内中央を通って退場されながら、約2時間にわたって、参加者の方々との出会いの時を持たれました。
セミナーを通しての発見や志を述べる方、仕事の問題や病に直面しながらも、そのカオスに立ち向かおうとしている方・・・・・・。先生は、そうした1人ひとりの気持ちを丸ごと受けとめながら、励ましの言葉と助言を伝えてゆかれました。
その先生の姿を心に焼き付けるように見つめる方々の表情は、揺るぎない希望に輝き、「未来は変えられる! ぜひとも自らに託された人生のフィールドで実践を果たしてゆきたい!」──そんな固い決意がみなぎっているようでした。

 参加者の声より
● こんな前向きな気持ちになれたのは初めて
高橋先生のお話をお聴きして、自分で自分を苦しめていたということ、「心の鏡」できちんと事実を見ることができていなかったということが、はっきりとわかりました。私はこれまで、運命に翻弄され、抗うことは難しいと思っていたのですが、それは自分で自分の足かせをつくっていたのだと感じました。でも、きちんと事実を受けとめれば未来は変えられるのですね。これから、百日行に取り組んで、変えてゆきたいと思いました。こんな前向きな気持ちになれたのは初めてです。このセミナーは自分の人生の岐路となったと感じています。(39歳男性・北陸・初参加)

● 自分が学べば人生の第2ステージに行ける!
3日間、あっという間の凝縮した時間で、ものすごく勉強になりました。私は、心理学を学んで仕事に生かしてきたつもりでしたが、「魂の学」は心理学よりずっと奥が深いし、魂につながったとき、人は変わってゆくということがよくわかりました。しかも「自分が学べば人生の第2のステージに行けるんだ。未来は変えられる!」という希望が湧いてきました。この場は、私のように初参加の人間にも、何十年も学んだ方やその道の専門家にも、どんな人にも深い学びが用意されている、素晴らしい場だと思います。今までは「仕事が忙しいから無理」と思っていたけれど、逆に「ここで学ばなければ、いい仕事はできない」とわかったので、さらに学んでゆきたい。とにかく早く実践したいです!(51歳女性・東京・初参加)

● 限界突破のための、第2ステージに上るためのステップになった
「自分の『心の鏡』に映っているのは限界ばかりだった」と気がつきました。この限界を正面から見て、「心の鏡」を磨きながら一つずつ光を掴んでゆけるように頑張りたいと思っています。先生が示されたプログラムに取り組んでゆくだけで、自分が思っているのとは違う自分が見えてしまうという、先生の教材のすごさを実感しました。今回のセミナーは、私の限界突破のための、第2ステージに上るためのステップになりました。(55歳女性・中京・初参加)

● 自分の繰り返しの根本原因が見えてきて、スーッと楽になった
3日間、たくさんの発見がありました。今まで自分が職場をバラバラにしてしまったという後悔があり、失意の中でセミナーに参加しました。教材シートの取り組みを通して、自分の繰り返しの根本原因が見えてきて、スーッと楽になりました。浅い理想像で「これだ!」というのも違うし、あきらめるのも違うし、多くの人の願いを聞かせていただいて、次のステップに行けるように、その潤滑油になることが私のやるべきことなのかなと気づけました。無手勝流ではなく、「受発色を変革すれば、自分の限界を突破し、未来を変えてゆけるんだ」という強い実感を頂きました。(56歳男性・中国四国)

●「心の鏡」、磨いてまいります!
今回学んだのは、「自分の『心の鏡』が、限界をつくっている」ということです。「自分の『心の鏡』を変えることによって、未来は変えてゆける」と本当に思いましたし、ぜひここで人生の第2ステージへと歩んでゆきたいです。「何があっても今回、定めた『行』を100日試してみて、どんなことがあるのかを経験させていただきたいな」と思っています。「心の鏡」、磨いてまいります!(57歳女性・韓国)

● セミナーに参加すると全然違う!
私は抱えている問題の解決を願ってセミナーに参加しました。限界突破のハードルは外側からやってくるのではなく、内側にあるというお話をお聴きして、「自分の心がこの現実をつくっていたんだ」ということがよくわかりました。自分の「心の鏡」が曇っていては何を見ても、どんなきれいなものでも歪んで見えてしまうんだなと思いました。これまで自分の煩悩がなかなかわからなかったのですが、先生のメッセージや様々な取り組みの中で、またたくさんの仲間からもアドバイスを頂いて、だんだんと見えてきたんです。やっぱりセミナーに参加すると全然違いますね。自然の中で、自分の心の目が外を向かずに、全部内側に向いてゆく感じがして、じっくりと取り組むことができました。(58歳女性・東京・初参加)


一覧へ戻る