GLA TOPICS

『頭痛が治る、未来が変わる!――痛みの頻度による新たなアプローチ』(山田洋司著)が発刊されました!

『頭痛が治る、未来が変わる!――痛みの頻度による新たなアプローチ』(山田洋司著)が発刊されました!

2017.04.12

間中信也先生(日本頭痛協会名誉代表理事、日本頭痛学会名誉会員、社団温知会間中病院院長)推薦!


『運命の逆転』小冊子

頭痛が治る、未来が変わる!
――痛みの頻度による新たなアプローチ
山田洋司=著
四六判並製・184頁・定価(本体1500円+税)


すべての頭痛を4つに分類し、新たな治療の道を開く!
4月上旬、『頭痛が治る、未来が変わる!――痛みの頻度による新たなアプローチ』が発刊されました(三宝出版)。
頭痛に悩む人は全国で3000万人に上ると言われ、病院でも「頭痛外来」が増えています。しかし、頭痛は、重症になると、薬を使っても、なかなか治らないケースも少なくありません。
本書は、片頭痛、緊張型頭痛などといった従来の頭痛診断ではなく、頭痛への新たなアプローチを提示します。それは、痛みの頻度によってすべての頭痛を4つに分類するもので、脳神経外科医、頭痛専門医である著者・山田洋司さんが、長年の臨床経験から編み出したものです。
そのベースには、「魂の学」のまなざしと考え方が貫かれており、実際、この手法によって、難治性の頭痛から解放され、人生が変わり、未来が変わった方がたくさん生まれています。 まさに頭痛に悩むすべての方に希望を与えてくれる本です。
また、この分野で著名な間中信也先生(日本頭痛協会名誉代表理事、日本頭痛学会名誉会員、社団温知会間中病院院長)も、オビに以下の推薦の言葉を寄せてくださっています。
「著者の山田先生は、長年、頭痛診療の最前線で経験を積み重ねてきた頭痛専門医で、私も前々から尊敬しています。本書に書かれた、頭痛を第1層から第4層に分ける分類は、世界的にも類を見ないユニークな着想で、とてもわかりやすく、頭痛に悩む患者さんのお役に立つと確信しています」

(文責:三宝出版)

一覧へ戻る