GLA TOPICS

『1億総自己ベストの時代』に寄せられる読者からの感動の声!(16)

『1億総自己ベストの時代』に寄せられる読者からの感動の声!(16)

2014.05.07

「人から親切を受けたら、次の人へ、さらに『してさしあげる』ことを意識してゆこうと思えるようになりました。本当にありがとうございました」(静岡県・40代女性)


愛読者カードより
140122_2.jpg
今、三宝出版には『1億総自己ベストの時代――人生の仕事の見つけ方』を読まれた読者から次々と愛読者カードが届いています。本書を手にされたお一人お一人が、自らの内から新たな生きるエネルギーを引き出し、自らを立て直して新しい人生を生きようと志を確かにしてゆかれる――。その熱が伝わってくる想いがいたします。今週も、そのような読者の方々の声の一部をご紹介します。

この本で32年合気道をやってきた目的がやっとわかった
今、子どもたちに合気道を教えていますが、『1億総自己ベストの時代』を読ませていただき、今まで32年間、合気道をやってきた目的が、この本でやっとよくわかりました。これから、子どもたちにも「ミッションワーク」を見つけてもらいたいと思っています。この本に本当に感謝です。(山口県・60代男性・合気道指導員)

「してさしあげる」ことを意識してゆこうと思えるようになった
幼い頃、身体を打ったことが原因で、痛みを抱えています。就職はしましたが、体調を悪くして退社し、今は家業を手伝っていますが、身体の痛みは消えません。求人情報で「これなら」と思うと、体調が急に悪くなり、先月は、明日電話をしようと決めた夜に、階段からすべり落ちてしまいました。でも、この本を読んで、「私は、世界に目が向いていなかった。自分の内にある願いにも目が向いていなかった」と気づかされました。「この仕事ならできる」ではなく、まず、自分の願いに気づいてゆきたい。そして、人から親切を受けたら、次の人へ、さらに「してさしあげる」ことを意識してゆこうと思えるようになりました。本当にありがとうございました。(静岡県・40代女性)

デモシカワークの今の仕事を、ミッションワークに変えてゆきたい
福島原発や不況など、いろいろな問題が起こっています。私もリストラされ、大病もしました。若くはないですが、子どもも成人して巣立ってゆき、これから人生の仕事を見つけたいと思い、この本を読んでみようと思いました。デモシカワークの今の仕事を、ミッションワークに変えるためにも、私なりに、本の内容を参考にして、今の仕事をやってゆきたいと思います。(熊本県・50代女性)

(文責:三宝出版)

一覧へ戻る