GLA TOPICS

『1億総自己ベストの時代』に寄せられる読者からの感動の声!(6)

『1億総自己ベストの時代』に寄せられる読者からの感動の声!(6)

2014.02.26

「『自分もこうなりたい。また、人のために役に立つ仕事がしたい』と、考えさせられた1冊でした。心をわしづかみにされた本です」(岡山県・40代女性)


愛読者カードより

140122_2.jpg 今、三宝出版には『1億総自己ベストの時代――人生の仕事の見つけ方』を読まれた読者から次々と愛読者カードが届いています。本書を手にされたお一人お一人が、自らの内から新たな生きるエネルギーを引き出し、自らを立て直して新しい人生を生きようと志を確かにしてゆかれる――。その熱が伝わってくる想いがいたします。今週も、そのような読者の方々の声の一部をご紹介します。

「人生の仕事の見つけ方」という言葉に惹かれた
「人生の仕事の見つけ方」という言葉に惹かれました。よく「定年後は居場所がない」とぼやく人も多いと思いますが、自分自身で場所をつくることが大切だと思いました。家事についても、料理を妻がつくったら、後片付けは夫がするとか、掃除は、部屋と浴室、庭などの担当を決めて行うなど、妻と分担して率先してやるようにすると、夫婦関係もうまくいくように思います。1億人のそれぞれの自己ベストという考え方は、とても参考になりました。私もやってみます。(岡山県・60代男性)

実施可能な身近なことから始めたい
素晴らしい本との出会いに感謝しています。定年後、今のところも健康にも恵まれ、感謝しつつ生活しておりますが、世の中には、世のため人のためにミッションワークを見つけ、懸命に取り組んでおられる方々が多数、それぞれの分野で活躍しておられることを知りました。わが身の生き方を反省すると同時に、実施可能な身近な小さなことに、まず気配りして心がけたいと思います。(熊本県・60代男性)

心をわしづかみにされた本
「自分もこうなりたい。また、人のために役に立つ仕事がしたい」と、考えさせられました。心をわしづかみにされた本です。また、もっと多くの人に読んでほしい1冊だと思いました。(岡山県・40代女性)

昨日のベストを更新する姿勢をもち続ける意義について知らされた
久しぶりに1冊の本を読むことができたことに感謝しています。途中、難解な箇所もありましたが、因縁側人類をめざし、立ち上がって歩み出し、昨日のベストを更新する姿勢をもち続ける意義について知らされました。今、仕事を辞めようとしている娘にこの本を送り、読んでもらおうと考えています。これからのことにヒントを見つけてもらえればと期待しつつ......。(宮城県・60代女性)

(文責:三宝出版)

一覧へ戻る