GLA TOPICS

3月25日(日)、第25次グローバル・ジェネシスプロジェクトが発足しました!

3月25日(日)、第25次グローバル・ジェネシスプロジェクトが発足しました!

2018.03.26

全国・海外合わせて93カ所、1万2千名を迎えての開催



 「グローバル・ジェネシスプロジェクト(GGP)」とは

暖かな陽気に桜の満開の便りが近づいてきた3月25日(日)、「第25次グローバル・ジェネシスプロジェクト(GGP)」が発足しました。
中京会館(名古屋市)をキーステーションとして、全国85カ所、そしてサンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、アトランタ、メルボルン、さらにサンパウロ、ブラジリア、ミランドポリス(以上3地区は後日開催)の合計93カ所、16歳から100歳まで1万2千名の方々を迎えての開催です。
GGP研鑽は、理論と実践の両面から「魂の学」を深く体得してゆく場で、1年単位の登録制の研鑽です。1994年、高橋佳子先生によって開講されて以来、1人ひとりの魂の成長によって、個人や地域、学校や職場の問題、さらに世界に影響を与える困惑まで、あらゆる試練や問題を解決してゆく道が開かれています。
午後1時、前半プログラムでは、そのGGP研鑽が何をめざし、そこで学ぶと人生がどう変わるのかが、対談や発表、様々な映像を通して紹介されました。中でも、「特別供養」(詳しくはコチラから
)の映像では、亡き魂と対話によって、深い癒しと救済を導かれる高橋先生の姿に「人間は本当に魂の存在なのだ」との深い実感と感動が参加者の心に刻まれてゆきました。


 「人天経綸図」──神のまなざしから見た人間・人生の地図

休憩の後、いよいよ高橋先生の講義です。
先生は、まず、物事をどの地点から見るかによって、その意味はまったく変わってしまうことをわかりやすくお話しされた後、人智を超えた大いなる存在・神のまなざしに映る人間と人生の真相を、「人天経綸図」として説き明かしてゆかれたのです。
そして、建設会社に勤務する1人の男性を壇上に招き、「人天経綸図」に基づいて、その方の人生の歩みを紐解いてゆかれました。本人もまったく気づくことのなかった、1つ1つの出来事の深層に隠れた意味、そこに浮かび上がる魂の願い。人はどこから来て、どこへ行くのか、生まれてきた理由と果たすべき使命の道──。自分1人の力では到底知ることも叶わない深遠な真実が明かされてゆく中、会場は水を打ったように静まり返り、一言も聞き漏らすまいという集中力と、「私もこの道を歩んでゆきたい!」という志が満ちてゆきました。
最後に、先生は、第25次GGPでは、1年かけてこの「人天経綸図」を学んでゆくことを宣言され、深く体得してゆくための3種類の取り組みシートを紹介されました。
その後、降壇された先生は、会場内で1人ひとりに親しく声をかけ、その想いを深く受けとめ、励ましてゆかれました。
この日、参加者の方々は、決して忘れない深い感動を胸に、使命へ向かう新たな1歩を踏み出したのです。


 参加者の声

● 何としても「人天経綸図」を体得し、人生の使命を知りたい
今、すごく「学びたい!」という気持ちでいっぱいです。「こうだったからこそ、こうなれた」という道があること知り、神様の深い愛情を感じます。そして、「この人生だったからこそ果たさなければならない自分の使命を知りたい!」と思いました。1年を通して、「人天経綸図」を体得し、宿命の意味や、出来事の意味がわかるようになりたいです。自分は今、学校の教員をしているのですが、授業のレベルや周囲の職員との関わりにおいても、今までの繰り返しを超え、新しい挑戦に向かってゆきます。(20代男性)

● 宿命を超え、職場の問題も引き受けて実践してゆきたい
今日、先生の講義をお聴きして、自分も今、宿命に縛られていることがよくわかりました。本当にこれを超えてゆかないと「光転の現実」をつくることはできないと胸に落ちました。「ここで学んだ智慧は来世までもって帰れる」と伺い、「私も転生をかけて心を磨き、境地を上げてゆくことを願って生まれてきたんだ」と感じました。この「人天経綸図」をしっかり学びながら、自分の人生だけではなく、職場で起きている問題も自分のこととして引き受け、実践してゆきたいと思います。(20代女性)

● 実践報告がとても心に響き、励まされた
私は、10年以上前に入会したのですが、今回初めてGGPに参入しました。先生から「人天経綸図」を教えていただき、「先生はすべてを見通しているお方なんだ!」と、とても感動しました。そして、「これは、今の自分に本当に必要なことだ!」と思いました。実践報告の話は、とても心に響きました。先生に学び、こつこつと実践して「光転の現実」を生み出してゆかれたことに、とても励まされました。自分も、この1年、「明日死んでもいい」という気持ちで、1日1日を輝かせて生きてゆきたいと思っています。(40代男性)

● 今までと全く次元の違うまなざしで現実を見ることができる
「人天経綸図」が開示されて、これまでとはまったく次元の違うまなざしで、今の現実を見ることができる可能性を感じています。講義の中の実践報告では、何をどう変え、光り輝く現実を生み出してゆけばよいのかがよくわかり、すばらしかったです。希望を頂きました。私も、先生がつくられたシートにこれから実際に取り組み、自分に起こった出来事の1つ1つに道をつけることができるように、学びと現実をつなげてゆきたいと思います。(50代男性)

● 今日のお話で、これまで抱いていた疑問が解けた
昨年11月に入会し、今回初めてのGGPです。これまで、人間の人生や生命について、ずっと疑問に思っていたことがあって、以前、いろいろな会で学びましたが、疑問は解けませんでした。でも、今日、先生は、「人天経綸図」の中で、それをすべてわかりやすく教えてくださり、「ああ、これが真実だ」と、心にズーンと入ってきました。私も、これから、この壮大な「人天経綸図」に基づいて、自分の心の傾向を見とり、今、自分はどこの段階にいて何をしようとしているのか、しっかり見つめてゆきます。(50代女性)

一覧へ戻る