新着情報一覧

一覧を見る

活動の模様

新年の集い

「新年の集い」における「神理カード」の授受

感謝の集い

全国及び海外から多くの会員の方々が一堂に集い、1年の歩みを振り返る。

1月 新年の集い

会員だけでなく、一般の方もご参加いただけます

毎年1月に行われる「新年の集い」は、新たな年をいかに生きるのか、今年1年の自らの指針をどう立てたらよいのか、その確かな手がかりが必ず得られる集いです。なかでも例年、参加者の皆様が楽しみにしているのが「神理カード」と呼ばれる高橋佳子先生の祈りの言葉が記されたカードで、最も自分にふさわしい種類のカードをいただくことができます。
そして2~3月には全国約90カ所で、「新年の集い」の高橋先生の講演映像を視聴する「新春の集い」を開催しています。

<参加した方の声>

「神理カード」で、自分の今年のテーマが超えられるかもしれない

神理カードには、これまでいただいたことのなかった菩提心の言葉が記されていました。今年、新しいことを始めようと思っていた自分にとって大切な指針となりそうです。きっと試練もやってくると思いますが、これを見ながら自分を励ましてゆこうと思います。(25歳女性)

4月 善友の集い

会員のための集いです

善友の集いとは、4月8日のGLA創立記念日にちなんで、毎年4月に開催されています。
GLAは、毎年、創立の願い・使命に照らして、どこまで歩んで来たのか ──
そして、会員一人ひとりの目の前には、今、どのような道が開けているのか ――
私たちはどのように生きてゆくことができるのか ――
それをご一緒に受けとめてゆくのが、この善友の集いです。
ちなみに、「善友」とは、ともに神理を求めて、時に励まし合い、時に切磋琢磨し合う同志のことです。私たちにとってそれはまさにGLAの仲間、GLAという場に他なりません。

<参加した方の声>

日常の中で忘れていた自分の願いが引き出されてきました

GLAはどこをめざしてきたのか、GLAの原点を改めて確認できたと共に、「自らを見つめ、他を愛し、社会の調和に貢献する」という、日頃高橋先生から誘っていただいている生き方の大切な意味が胸に染み込んできました。日々問題が押し寄せて右往左往している自分がすっきりとなり、今抱えている「困惑の現実」を「願いの次元」に運べる自分になりたいという願いが溢れました。(46歳男性)

6月 現身(うつしみ)の集い

会員のための集いです

GLAの祖師高橋信次先生がご帰天された6月25日にちなみ、毎年6月に行われます。高橋信次先生のご足跡をしのびつつ、人間の生死の意味を問い、現身(肉体)を持ってこの世界に生きることの原点に立ち還ってゆきます。

<参加した方の声>

高橋信次先生と佳子先生の二人三脚の歩みに、とても感動しました

当時、お二方が課題だと思っておられたことが、その後佳子先生が開かれた道によってクリアされ、見事に誰もが実践できる次元へと運んでくださったこと、それで今日の私たちの実践があることが、感慨深く心に残りました。信次先生もどんなにか今のGLAを歓ばれているかと思います。(62歳男性)

12月 感謝の集い

会員のための集いです

毎年12月に、1年の歩みを振り返りながらその意味を問い、新たな年を迎えるに際して、自らのテーマや後悔、願いなどを意識化してゆきます。そして、神理を学んだことによっていただいた功徳と恩恵を思い起こし、すべてを生かし支える大いなる存在・神に感謝を捧げる集いです。

<参加した方の声>

絆の海を実感しました

コンサートや、多くの映像を通して、今年1年を振り返ることができました。私自身の1年の歩みも一緒に思い出され、感無量でした。全国にはこんなにもたくさんの仲間がいる! 海外の同志も含めて、一緒に今年の感謝を捧げるときは、本当に胸が震えました。絆の海を実感することができました。(32歳女性)

※ 以上の四聖日の集いのほかに、2つの大切な集いがあります。

総合・新年祈りの集い

会員のための集いです

新たな年の始まりを祈りとともに迎え、志を新たに思い起こすときとして、大晦日の夜から元日にかけて総合本部本館聖堂などで開催されます。そして、その集いのいのちを受けて、元日の午後に全国各地で「地域・新年祈りの集い」が開催されます。

<参加した方の声>

新しい始まりを頂いたと感じています

今回、聖堂に入らせていただき、さらに先生からお言葉を頂いて、「今年は私にとってものすごい区切りの年になる」と感じています。時代の三毒(唯物主義、刹那主義、利己主義)を超えて、何とか魂を発見して、菩提心を育んで、今まで自分のためだけにしか生きてこなかったので、他人のため、世界のために少しでもお役に立てる自分となってゆきたいと思いました。今、新しい始まりを頂いたと感じています。(63歳女性)

ご生誕の集い

会員のための集いです

毎年、会員の心からなる発意で催されている集いです。10月24日、高橋佳子先生のご生誕の日に臨み、共に生まれてきたことの自らの魂のゆえんに想いをはせつつ、今日まで導いていただいたことへの感謝を捧げたい ――。そして新たな志を胸に、全国の会員一同で、高橋先生のご生誕を、ぜひお祝いさせていただきたいと願っています。

<参加した方の声>

感謝を抱きつつ、志を確かに刻む時をいただきました

私は先生と出会えたことが、今日ほどうれしいなと思ったことはありませんでした。入会してから10年近く経っているんですけれども、これまで何度もお聞きしていた神理の言葉が、最近、心の内側に深く入ってきたと感じた瞬間がありました。そんな想いをもって参加した今日、人は自らの魂の力を、今は10%しか出せていなくても、自分の鍛錬によって、やがて20%引き出すことができるとお聞きし、「未来は私に委ねられているんだ、私にもできるんだ」と、先生に感謝を抱きつつ、志を確かに刻む時をいただきました。(68歳女性)

生まれてきてくださって、本当に感謝します

先生が、生まれてきてくださって、こうやって出会うことができたことに本当に感謝します。しかし自分自身は、まだまだ「刹那主義、利己主義、唯物主義」の中に生きているので、少しでも超えて、菩提心発掘できるように努力してゆきたいと思いました。(49歳男性)