• 高橋信次先生について

    1927年、長野県に生まれた高橋信次先生は、幼少の頃から肉体を抜け出した「もう一人の自分」とは誰かと疑問を追求してゆかれ、「人間の本質は魂である」という神理に目覚められました。
    以後、GLAを創設、7年の伝道の歩みの後、1976年6月25日、ご自身の予言通り、実在界に帰天されました。

    詳しく見る

  • 神理の言魂 ── 高橋信次先生の著書より

    生前、精力的に執筆・講演活動を続けられた高橋信次先生の言魂は、帰天後30数年を経た今もなお、私たちの胸を打ってやみません。
    このコーナーでは、信次先生が遺された神理の言魂を抜粋し、紹介してゆきます。

    詳しく見る

  • 著書・講演記録など

    高橋信次先生は、ベストセラー『心の原点』『心の発見』(全三巻)『人間釈迦』(全四巻)をはじめとする「心と人間シリーズ」全16冊を著されました。

    著書・講演記録などについて